国外で働く方法

海外で日本語教師として働こう

勉強道具

海外で活躍する日本語教師

日本語教師が働ける現場は今や、世界中にあります。それほど、日本語に関心を持っている海外の方が多いということでしょう。特に、アジア周辺の発展途上国では日本語教師が活躍していて、日本語の認知度が高まっています。

海外で必要なもの

日本人が海外で仕事しようと思えば、パスポートなどの必要な書類やアイテムが沢山あります。特に、就労ビザは必ずと言っていいほど、必須です。もしも、海外で働くことを検討しているなら、就労ビザの申請を早めに行っておきましょう。

求人と給料について

日本語教師の仕事は海外でもありますが、給料面ではあまり期待できないのが現状です。ですから、現地で働くことを検討している方は求人をしっかりと選んで働くことをおすすめします。また、国によっても求人の給与が異なるので、給与が高い国で働くのもいいでしょう。

海外で生活している人達

確かに日本語教師は給与面では安いですが、海外で働いている方は大勢いらっしゃいます。それは日本語教師の仕事にやりがいを感じている人が多いという証拠でしょう。もしも、海外で働きたいけど給与面が心配というのなら、現地の言葉をマスターして、教師としての付加価値をつけることをおすすめします。

指導するのが難しいポイント

no.1

漢字

日本語教師が海外の方に教えるのが難しいと感じているのが、第一位の「漢字」です。漢字は日本人としては当たり前に活用しているので、難しいと感じることはありません。しかし、海外の方にとっては漢字は種類も多く、難しいと思っている方も多いです。

no.2

敬語

海外の方が苦戦しているのとして、第二位には「敬語」があります。日本語以外の言語にも、相手を敬う言葉は沢山あります。しかし、それにもかかわらずになぜ、敬語が難しいのか?それは語源の変化にあります。海外では敬う言葉は普通の言葉に+αしたものですが、日本では言葉自体が変わってしまいます。

no.3

アクセント

『アクセントが難しい』が第三位です。これはどの国でも言える事ですが、アクセントが変わると言葉の意味が変わってきてしまします。このアクセントの違いを指導するのに苦戦をする日本語教師も多いです。また、地域によってアクセントが違うのも、苦戦する理由の一つです。

no.4

三種類の言葉

日本では「ひらがな」「カタカナ」「漢字」の三種類の言葉を使い分けしています。確かにひらがなだけ、覚えておけば言葉は通じますが、それだけでは、日本語教師としては失格です。ですから、指導するのが難しいポイントの第四位に「三種類の言葉」が選ばれたのです。

no.5

和製英語の存在

日本語には、英語と日本語を混じり合わせた和製英語というものが存在しています。この「和製英語の存在」が外国の方に教えるのが難しく、第五位になります。特に、カタカナ表記の外来語は日本人でも理解していない人が多いので、海外の方に教えるのは難しいと言われています。

日本語教師に関する記事

レディ

本格的に学校で学ぶ

日本語教師を目指しているなら、養成学校に通うことをおすすめします。養成学校では様々なコースがあり、自身に合ったコースを見つけることができます。また、レッスンの時間も自身のスケジュールに合わせることができます。

READ MORE
勉強道具

海外で日本語教師として働こう

海外で日本語教師として、働きたいという方はこちらを見ておきましょう。海外で働くにあたって、必要なものや海外の求人について詳しく説明しています。また、どの点が海外の方に教えるのが難しいかも、紹介します。

READ MORE
勉強

日本語教師になるなら通信講座

日本語教師になるための通信講座があるのをご存知でしょうか。通信講座では、わざわざ学校に行かなくても自宅で自身のペースで勉強することができます。また、通信講座なら学校に通うよりもお得に勉強することができます。

READ MORE
広告募集中